1. ホーム
  2. 服用
  3. ≫太っている自分にコンプレックスがあるなら食欲抑制剤を使うのもいいけど

太っている自分にコンプレックスがあるなら食欲抑制剤を使うのもいいけど

昔からどうしても自分が太っているということに関してコンプレックスを持ってしまっていた…。というのならば、色々なダイエット法を試してきているのかもしれませんね。

しかし、痩せては戻るというリバウンドを繰り返してしまっているといつしか心の中にも諦めが生じてきてしまうでしょう。そんな時には思い切って食欲抑制剤を試してみるのがいいでしょう。

原因を考えよう

そもそも自分がなぜ太っているのかという原因を考えると、会社でのストレスが原因で食に走ってしまうからだ。と断定できるような女性というのも結構多いようにも感じられます。

それならばストレス解消をきちんと行えば全てが解決するのか?と思われるかもしれませんが、暴食が習慣になってしまっているのだとするのならば、あと一押しが必要になってくるでしょう。

服用してみると

食欲抑制剤は服用すれば何かを食べたい!というような気持ちをすっかりと抑えつけることが可能になっているので、今までたくさん食べていた習慣を断ち切ることも可能になっています。

ただ普通の食事までもしなくなるというのはやり過ぎのようにも考えられてしまうので、普通に食事をしてから深夜の間食を避けるために服用するといった方法が一番いいかもしれませんよ。

頼りすぎないように

真夜中の間食を控えただけで体重も落ちたし肌の調子も良くなった。というのならば今度とも使っていきたい薬になるかもしれませんが、あくまでも短期間使用するだけに留めてください。

依存性も高い薬だと言われているので、そのうちに食欲抑制剤がなければ不安になってしまうかもしれません。そうなってくると日常生活にも支障が出てきてしまうので充分注意しましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。